• Takahiro Koike

どうなった? 2回目接種後


先に2回目接種した奥さんは、予想されうる副作用はほとんどありませんでした。2日後、ぼくも11:00に接種を完了しました。激しい運動はしないほうがよいというので、その日は早めに就寝。翌朝、起きて体温を測ると37.8℃。朝食にヨーグルトとバナナをいただき、少しだけ横になると身体が熱くなってきました…。


再度測ると38.5℃。冷えピタと冷やマク(アイス枕)、OS-1で水分と塩分を補給。次第に身体の節々が痛み出し、頭痛も。体温が39℃近くまで達すると、さすがに読書も音楽も難しく、スマホを眺めることすらできなくなり、ベッドに横たわり、天井を見上げるしかありませんでした。



その後も寝たり覚めたり。お昼にウィダーインゼリーをいただき、解熱剤を飲むことに。午後になり少し下がりつつも、38℃前後を行き来。気温が高く部屋の温度調節がタイヘンで、汗も思うようにかきません。夕方になり少し落ち着きましたが、食欲はまったくなく、のど越しのよいバナナと梨をいただき、夜はまた熱が上がってきます。ここは自力で下げたいと解熱剤を飲まずに眠りにつきました。


写真は少し前に庭で撮影した雨と晴れの間です。向かって左は雨が降っていて、右は晴れ。ぼくはちょうどその境目に立っています。熱が出るか出ないかは、誰もわかりません。常に境目なのです。どちらかが倒れることを想像したことで、焦ることなく冷静に対処できました。近くに元気な人がいると安心します。


翌日に熱は下がり、一日中横になっていたため、背中から腰にかけてガチガチに強張ってしまいました。今回は副反応だとわかっていたけど、もし感染したら高熱の終わりは見えません。絶っ対に感染したくない!



「はい。体温、測るよ」と、15分ごとに娘は体温計を差し出して、少し下がると喜び、上がるとすぐに奥さんに報告。奥さんが作ってくれた特製バナナジュースは、五臓六腑に染み渡るほどのおいしさでした(2人には本当に感謝です)。


実は寝込んだときのため、あだち充の新しいマンガを用意していたのですが、読める状態にはなく断念。熱が下がりはじめた夕方、手に取ったマンガは『大丈夫マン』です。強烈なキャラクターたちのアウトな表情とセリフに、じわじわと笑いがこみ上げてきて、免疫や抗体も増えていくような気がしました。笑うと元気出ますよね!娘のお気に入りは「18才」(一ノ瀬君)の話。こちらで読めます。→ 「大丈夫マン 特設ページ」


前日までは元気で翌日高熱、2日目は平熱に戻りましたが、その後2~3日はフワフワしていました。もう、誰に何がいつ起こるかわかりません。最大限に気をつけても、損をすることはないでしょう。ぼくの場合は、冷却グッズにバナナと梨とウィダーインゼリー、飲みものと『大丈夫マン』で乗り越えました。特に冷えピタと冷やマクは絶対にあるとよいです! これから 2回目接種の方、くれぐれもお気をつけください。