• Nao Ogawa

ようこそわが家へ


今週から月末にかけて、12月に刊行する新刊のための撮影がわが家で行われます。

さらに新しいワークショップの打ち合わせや、別の媒体のインテリア取材、

もちろん金継ぎ教室もありますから、

今月はいったい何名のお客様をこの家にお迎えすることになるんでしょう。 でも以前は、とくに著書の撮影の前となると、年末の大掃除ばりの気合いで取り組んでいたのですが

今年の春からワークショップがスタートしたことで、お客様を迎え入れる家の準備が定期的にできており

それによって毎回の作業はどんどんラクになってきている気がします。

人の出入りがないと、そうじも最小限なものになりがちですから、

日々が忙しいようで、実は家にとっても自分にとっても喜ばしいことばかり、なんですよね。