• Takahiro Koike

モーニング きのこ


早朝6:00。庭に忽然と姿を現す謎のきのこチャン。エノキみたいな細い体に、ノッポさんのような帽子が、よくお似合いです。でも、日が昇り暖かくなる頃には、茶色くなって萎れてしまうのです。



名古屋の実家を手放しました。父が他界して7年、どうしたらよいか最善の方法を考え悩み、近くに住む親せきと一向に話が進まず悩み、家族や母と悩み、よくよく相談した結果、出した答えです。寂しさはありますが、精神的経済的なストレスがなくなり、やっと次に進める前向きな気持ちのほうが大きいです。


介護も相続も相手を思いやる気持ちがいちばん大切だと思います。この7年間でぼくが経験し学んだことは、今後生きていく上で絶対に必要なこと(試練)だったと思うし、7年かけて学校を卒業したような清々しい気分でいっぱいです。そしてこの顛末を見守ってくれた父やご先祖さまたちにも、心を込めて感謝なのです!