• Nao Ogawa

中学生になっても


昨日は、朝から娘の英検のために会場に送り(とてもじゃないけど中1が一人ではたどり着けない場所)、

帰ってきてひと休みしたら、夕方はテニスのスクールの体験レッスンに送迎し、

なんだか塾の送り迎えの合間に仕事や家事をこなしていた昨年までを思い出してしまう日曜日でした。

いやはや、小学校卒業までで子育ては一区切り、のはずが、現実はそんな甘くないですね……


数日前も、学校の授業で13年間の自分史をつくるんだそうで、

そのための写真プリントを手伝わされ、というかほとんどかかりきりでわたしがやりました。


でもまぁ、こうして0歳から13歳まで1枚ずつ写真を選んで並べてみると

性格も成績も言動もいろいろ心配はさせられるものの、

健康で笑って過ごしてくれていることが一番だな、と素直に思えます。


そうそう、娘にせっつかれて久しぶりに「みちるのひとこと」を連投したところ、

まとめて読んだという夫が「あれ、一気に読むと破壊力すごすぎ」と言っていました。

たしかに、よその子として見るぶんには面白いかもしれませんが、

まともに相手をしなきゃいけない親としては、吹き出したり、呆れたり、叱ったりで

毎日、本当に忙しいんです(泣)。