• Nao Ogawa

今さらのニューノーマル



気温や梅雨入りの時期が例年通りではないというだけで、

はて、今はいったい何月の何日ごろなのだっけ、と考えてしまうようではちょっとマズいな、

と思う今日このごろ。 四季のスケジュールも、気候変動によってこれまで通りにはいかなくなっているのですから これからは頭ではなく、自分の肌感覚で判断していくしかない、ってことかもしれませんね。 さてさて、そんなふうに迎えた6月第2週。 今週は、両親がようやくワクチン接種できる予定で、義母のワクチン接種の目処も立ちました。


先週は娘の中学で体育祭が行われ、保護者は行けませんでしたが、

夕方帰宅した娘の、くっきりとマスク焼けした顔を見て

「なにそれ!!!」と青ざめながら悲鳴を上げたわたくしでした。 もともと在宅ワーカーで、コロナ禍で生活が激変したわけではないので 一時さかんに聞こえてきた「ニューノーマル」という言葉もどこか遠くで響いている感じでしたが

スキーのゴーグル焼けと真逆の、頬から下が真っ白、目元とおでこは真っ赤に日焼けした娘が

「言っとくけどね、みんな同じ焼け方だから」と言うのを聞いたときは

今さらながら「これぞニューノーマルだわ」と深く頷きつつ、わたしたちは今まさに、

かつて誰も体験したことのない日常を生きているんだな、と思ったのでした。

先週後半から執筆もダイエットも停滞気味、そのせいで週末もどんより気分で過ごしましたが

今週はどうかトンネルを抜けられますように。

みなさんにとっても、よい1週間となりますように!