• Nao Ogawa

空白の日々


緊急事態宣言が出され、それでも受験は予定通り行われ、そんななかで、

どうかコロナに感染しませんように、感染しませんように……とただただ祈りながら、

日々をやり過ごしている状態です。 共に闘っている夫とは、「きっと今のことは、後から振り返ったときに何も覚えていなさそうだよね」なんて話していて、つまりそれくらい「無の状態」というか、心がここにあるのかどうかもわからないまま

ただ毎日起きて、食べて、やるべきことをやって、寝る、をくり返している感じ。

それでも受験はあと数週間もすれば終わるはずで、そのとき自分がどんな状態なのか、

今はまったく見当もつきません。それくらいにこの受験の日々は、

わたしにとって今まで生きてきて経験したことのないイベントだったなぁと、 それだけははっきりわかっています。