• Nao Ogawa

13歳


今年も娘の誕生日を楽しくお祝いすることができました。


一足先にinstagramにアップしましたが、以前から頼んでみたかった花と焼き菓子のお届け便が

ちょうどお祝いのタイミングと合ったので、注文しました。 でも、これは娘のためというより、自分のため。 子どもの誕生日は、わたしたちにとっても親となって必死でがんばってきた年数ですからね。 そんなごほうびに、まさにぴったりでした。


昼間は、予約したケーキを受け取りにいった近所のカフェで、 保育園時代からのママ友と3人で久しぶりにお茶しながらおしゃべり。

二人から娘へいただいたお祝いは、さすが本人のハートをガッチリつかむもので、娘は大喜び。 お互いの子どもが小さいころから知っている仲なので、直面している悩みも分かち合えるし

そういう時間をちょっとでも持てることって、子育ての日々にはつくづく大切だと感じます。



夕方からは家族でお祝い。毎度おなじみ、唐揚げ&キッシュ&いもフライですが

本人が喜ぶものを差し出すのが誕生日のルールですからね。 キッシュをはじめてグルテンフリー&バターなしでつくったら、土台を型から外すのに失敗。

これはリベンジしなきゃです……




そして、予想はしていましたが、それより遥かに喜んだのがプレゼントでした。

わたしからはTシャツ&タオル、夫からはアナログレコード。 どちらも、娘にとっても神的存在であるあいみょんです。 まるでライブ帰りに感動した勢いでグッズを買い込んだ人みたいになってましたが、

まぁ、よかったよかった。 こうして今年もわが家の誕生日が、無事に終わりました。