top of page
  • 執筆者の写真Takahiro Koike

Happy White Day 2023 後編

更新日:2023年3月21日


ホワイトデーの夕食は、当初17:30スタートの予定でした(奥さんが夜にvoicyの生放送があるため)。娘と帝釈天から戻り、車でケーキラボ・マグネットへ急ぎます。ケーキのほかに母が喜びそうなクッキーをじっくり選んで店を出ると、保育園時代に仲よくしていたママさんとバッタリ! 久しぶりの話や互いの娘の話に花が咲き、自宅に着いたのはすでに17:00過ぎ。急いでオーブンを温め、前日から漬けこんでいたタンドリーチキンと、娘のリクエストのポテトとハムのチーズ焼きの準備。すべて冷蔵庫にあるもので作ります。時間に追われたぼくのあたふたキッチンを見るに見かねた奥さんが、助け舟を出してキャロットラぺを作ってくれました。ありがたやー。



焼きあがったタンドリーチキンはいつもよりスパイス多めで美味&カリカリ。レタスやワサビ菜と合わせてパクリです! 生クリーム入りのポテトチーズ焼きも何とか完成して、ノンアル赤ワインで乾杯したのは1時間オーバーの18:30過ぎ…。

奥さんも娘も「おいしい、おいしい」といって食べてくれました。メインのケーキを出す頃には、娘が英会話のオンライン授業で、一旦中断。


仕切り直してケーキにろうそくを灯し、いざ吹き消すとなると…。「ハッピーバースデー!」でもなく、「メリークリスマス!」でもなく、ホワイトデーのかけ声って何だっけ?? 2人はニコニコしているだけなので「ハッピーホワイトデー!」と、ろうそくを吹き消しみんなで拍手。渋谷のタワレコで手に入れたCDとお手紙を2人にプレゼントして、3人でおいしくケーキをいただきました。


ゆっくりする間もなく、奥さんはvoicyの生放送へ。入れ替わり立ち替わりのバタバタホワイトデーでしたが、家族が盛り上がってくれたら、ぼくは大満足なのです!

翌日縁側でいただいたカシスのムースケーキは、偶然なのかはたまた必然なのか、奥さんのソックスと同じマゼンタカラーでした。こりゃあ、運気アップ間違いナシ!

Comments


bottom of page